よりあいファームの日本山人参茶がびっくりするほど美味しくなった理由


日本山人参茶は体にいいって聞いて前に飲んでみたけど、苦いから飲めないんだよね。

と言う方もいると思います。

 

うちの日本山人参茶も10年前はそうでした。日本山人参を作り始めたきっかけは、12年前、祖父が白血病になったとき、日本山人参茶を飲んで奇跡的に完治することができた時の事でした。

 

父は自然栽培、無農薬で大切に日本山人参を育て、乾燥、焙煎させてお茶を作りました。

しかし、私が初めてそれを飲んだ時、「苦いっ!こんなの誰が飲むの?」と言って一口しか飲みませんでした。(今思うと、かなりひどい事を言いました。。)


父は無農薬で無肥料の自然栽培が良いと考えて実践しましたが、それでは苦みや渋みがあり、とても飲めたものではなかったのです。いろんなお店の日本山人参茶を試しに飲んでみましたが、苦みや渋みがあり、美味しいと思えるものに出会えませんでした。


そこで父は土づくりから見直し始めました。そして何年も試行錯誤してたどり着いたのが酵素栽培です。

野菜やフルーツの液体酵素、そして酵素を作った搾りかすを土づくりにたっぷり使いました!(とても贅沢‼)

土がとんでもなく栄養豊富になるので、微生物が豊富になり、とても豊かな土壌になるのです。もちろん雑草も元気に生えてきます。

 

でも決して除草剤やマルチフィルムは使いたくないので、雑草と手作業で戦いました。土づくりも、その後の草取りもかなりの労力がかかりました。

そして、クセや渋みのない元気で栄養満点の日本山人参が出来上がったのです。


さらに、ブレンドの玄米茶にもこだわりが詰まっています。

通常、玄米茶に使われる玄米は食べられないものが使われることが多いですが、よりあいファームの玄米は、全て自家製で、酵素栽培で大事に育て、食べられる美味しい玄米をお茶にしています。

だから甘くておいしいんです!


12年間の試行錯誤を重ね、よりあいファームは美味しくて栄養満点の日本山人参茶を作ることに成功しました。

日本山人参をとことん愛し、「どうかたくさんの方に飲んでもらいたい!そして健康になってもらいたい!」その想いで作り続けてきました。

 

日本山人参パウダーは苦みはありますが、酵素栽培と独自の焙煎方法でとても飲みやすくなりました。

そして、日本山人参茶は自家製玄米茶とのブレンドで香ばしく甘みがある美味しいお茶に仕上がりました。

 

バカがつくほどこだわりまくったよりあいファームの日本山人参!

農家直送で愛をこめてお届けします!

ぜひお試しください!!